戦争はイヤッ!

今こそあなたの意志表示を!!


やはりと言うべきか、小泉内閣の内側から

「核兵器持ちたい」発言が出てきました。

有事関連法と個人情報保護法という名の

報道規制が通れば、もう「戦争のできる国」になるのです。

憲法九条〔戦争の永久放棄、戦力の不保持、交戦権の否認〕

なんとしても、なんとしても守り抜きましょう。



2001年8月15日の意見広告

●思いは「憲法九条を守る」

 「戦争をしない」「軍隊を持たない」という日本国憲法第九条を守るための新聞意見広告です。8用15日、5紙の掲載をめざします。

●つぶやきを声に

 世論をつくるのは声を上げる人たちです。私たちも小さな声なら出せます。たくさん集まれば大きな声になります。

●一人ひとりの意思表示を

 すべて個人参加の広告です。肩書きも組織名もいりません。広告資を出したみんなが広告主です。

●みんなで作る広告です

 広告資は約350万円。毎年3000人を超す人たちが参加しています。一人ひとりのしめる紙面は小さくとも、平和への大きな意思表示です。


赤とんぼの会とは


会則

  • 目的/憲法九条を守ろう、という意見広告を新聞に出す。
  • 会員の資格/継続して「赤とんぼ」を購読する。
  • 個人参加/この会はそれぞれの自主参加とし、参加者の属する団体党派、宗教など一切問わない。

運動方針


この運動は、憲法九条を守り、戦争への道を許さない者たちが、それぞれの発意で自由に行動することが基本です。
最低限のことを以下に決めます。
  1. 意見応吉を出ず新聞/毎年、総会で決めます。
  2. 広告の時期/毎年8月15日
  3. 広告内容/小グループで検討し合いながら全員で創り出していく。
  4. 機関誌/お互いの情報交換、意見発表の場として月刊「赤とんぼ」を発行する。(4頁200円)
  5. 運営費/機関誌の購読料であてる
  6. 広告料/運動の経過の中で、別に集める
  7. 会の名称/「赤とんぼの会」
  8. 代表世話人/宮崎優子
            大分市荏隈1丁目3組 みんなの家
    電話・FAX 097-545-3134
  9. 世話人/連絡役など引き受ける人

(振替口座) 01540−0−12160
    赤とんぼの会