報告,更新,予定

地図
報恩講, FAMILY,
PHOTO ...


宗派別戸数割合,
子ども会 ...


前期教習, 後期 ...


法事, 葬儀, 教え ...


,画像, ...


...

年忌表示年忌
Eメール
tkcdk741@ybb.ne.jp

戦争はイヤッ!今こそ
あなたの意志表示を!








 各宗派のイラク自衛隊派遣に関するコメントを集めました。


真宗大谷派(東本願寺)

イラクへの自衛隊派遣に関する宗務総長コメント

浄土真宗本願寺派(西本願寺) 自衛隊のイラク派遣の即時中止を求めます
兵戈無用
真宗高田派本山専修寺 イラク戦争に対する政府への提言
浄土真宗東本願寺派本山 東本願寺


財団法人 全日本仏教会 イラクに、そして世界に平和を
日本仏教者からの願い
アーユス仏教国際協力ネットワーク 仏教者有志によるイラク攻撃への荷担に対する抗議文
全国青少年教化協議会
キリスト教協議会 イラクからの自衛隊即時撤退を求める
新宗連 自衛隊のイラク派遣に対する要望書


天台宗 イラク問題の平和的解決を願う決議文
金峯山修験本宗
和宗


高野山真言宗
真言宗智山派 戦争のない世界の実現を
真言宗豊山派 宗教対立と仏教の平和主義
真言宗大覚寺派
真言宗善通寺派
真言宗御室派
真言宗泉涌寺派
真言宗須磨寺派
真言宗中山寺派
真言三宝宗
信貴山真言宗
石手寺 イラク戦争を始めとするあらゆる戦争暴力に反対します


浄土宗西山禅林寺派
西山浄土宗
浄土宗 社会学部教授団声明 自衛隊のイラク派遣にあたっての声明


臨済宗妙心寺派 妙心寺派宣言文
臨済宗建長寺派
臨済宗相国寺派
曹洞宗 世界平和を願う曹洞宗の祈りと誓い
黄檗宗


日蓮宗 イラクに平和が訪れることを祈る日蓮宗の声明
法華宗本門流
法華宗陣門流
本門佛立宗


法相宗大本山 興福寺
聖徳宗
華厳宗大本山東大寺


立正佼成会 自衛隊イラク派遣に対する意見書
日本山妙法寺 自衛隊のイラク派兵反対!ストップ!有事法制
創価学会 聖教新聞
パーフェクトリバティー教団
天理教
カトリック中央協議会 イラク問題の平和的解決についての日本司教団声明


新聞社
共同通信
インターネットTV 大分合同新聞4/234/245/2011/1
YouTube-agaShimbun 佐賀新聞
宮崎日日新聞 解放のあとに
南日本新聞
沖縄タイムス
琉球新報
西日本新聞
京都新聞
中日新聞
東京新聞 拘束の3日間
北海道新聞
日本経済新聞
産経新聞 社説検証 5/20
朝日新聞 5/20 アサヒ・コムきっず
毎日動画 毎日新聞4/24
読売新聞
韓国 朝鮮日報
東亜日報
中央日報
中国 人民日報
新華社
アメリカ CNN
ロイター通信
ブラジル Sao Paulo - Shimbun
SPIEGEL ONLINE
JANJAN NPO型インターネット新聞


陛下「憲法守り従う」 エンペラーは妥当か 憲法スケッチ
2012/5/21 大分合同
昭和天皇の靖国神社参拝取りやめの経緯 卜部亮吾(うらべりょうご)侍従日記
2007/4/26 朝日新聞
A級戦犯合祀 昭和天皇が不快感 2006/7/20 大分合同
憲法9条は日米同盟の妨げ 2004/7/22 大分合同
改憲発言に対して反発と困惑 2004/7/23 大分合同
国旗掲揚国歌斉唱 強制にならぬよう 2004/10/29 大分合同

ニュースチャンネル
日本テレビ NNN24
朝日放送 ABC WEBNEWS
テレビ朝日 ANN NEWS
フジテレビ フジニュースネット
テレビ大分
大分朝日放送
ビデオニュース インターネット放送局


カルトを考える
日本脱カルト研究会
カルト被害を考える会
全国霊感商法対策弁護士連絡会
カナリヤの会(オウム脱会者)
西田公昭
宗教情報リサーチセンター
紀藤正樹


マルチういんどー:
独り善がり 杞憂であってほしい /東京

 ◇杞憂(きゆう)であってほしい

 大阪生まれの大阪育ち。「ぼけとツッコミ」気質が染みついている。もっとも関西のそれと違い、最近は笑えない事態にツッコミを入れることしばしばだ▼イラクで日本人人質事件が起きた。「テロに屈しない」が重視され、人質になった人々へ「独り善がり」と非難が上がった。心中浮かんだツッコミを関西弁で表せば「そういうあんたはどうやねん」▼辞書を引くと「テロ」は「暴力で政治目的を達成する行為」らしい。ならば、イラクの武装集団も民間人を犠牲にした米軍も、双方とも「テロ」と言えないか。そのはざまで苦しむ人を救おうとする行為こそ「テロとの戦い」ではないか。「独り善がりは『イラク人のため』と言う日本政府」。こんな笑えないツッコミが、イラク人に染みつかなければ良いが。【夫彰子】

毎日新聞 2004年4月20日

イラク人質解放:
小泉首相「各方面へ働きかけ奏功」

 小泉純一郎首相は16日午前、首相官邸で記者団に、イラクで拘束されていた日本人3人の解放について「本当によかった。ほっとしています」と感想を述べた。その上で「犯人グループの要求には応じず3人は無事救出しなければならないという難しい仕事だった。各方面へのいろいろな働きかけが功を奏したと思う。何かこれだという決め手はなかなか難しい」と述べ、複数のチャンネルを通じた交渉が奏功したとの認識を示した。

 またイラクから自衛隊を撤退させる考えはないことを改めて示し「24時間態勢でいかに多くの人が取り組んだのか、退避勧告を無視して出かけた方々にもよく考えていただきたい」と指摘。被害者から現地活動の継続を望む声がある点を問われ「いかに善意でもこれだけの目に遭って、これだけ多くの政府の人が救出に努力してくれたのに、なおそういうことを言うのか。自覚を持っていただきたい」と批判した。

 首相はまた、これに先立つ閣議後の閣僚懇談会で、拘束されたとみられる日本人2人について「確認・救出に努力しなければならない。いまだ他国を含め人質事件は解決していない。十分な配慮をしなければならない」と強調した。

毎日新聞 2004年4月16日 11時51分

マルチういんどー:
人質解放 当然、反省すべきだが /東京

 「家族と水さかずきを上げて行くんだね」「もし例えば、カネで解放されるって条件出されたら、政府が払うカネって日本の税金ですからね。そういうもの、きちっと考えたうえで行動とることが自己責任だと思いますよ」▼石原慎太郎知事は16日の定例会見で、イラクで日本人3人が解放された件について感想を述べた。「国にしてみたって、誠意をもって危ないから行きなさんなと勧告をしてるわけだから」「相手が金銭の条件をつけてきたときに、その補填を誰がするかってことを考えてもらいたいね」▼今回は身代金目的の誘拐とは次元が違う。でも、人質を取られたからすぐに軍隊を撤退させる国というのも変だけど、もし善意の若者の命を救うコストを出し渋るような祖国だったら愛されないだろうなあ。【奥村隆】

毎日新聞 2004年4月17日