真宗大谷派宗憲(前文)
宗祖親鸞聖人は、顕浄土真実教行証文類(けんじようどしんじつきょうぎょうしょうもんるい)を撰述して、真実の教たる佛説無量寿経により、阿弥陀如来の本願名号(みょごう)を行信する願生(がんしょう)浄土の道が人類平等の救いを全(まっと)うする普遍の大道であることを開顕(かいけん)された。

宗祖聖人の滅後、遺弟(ゆいてい)あい図(はか)って大谷の祖廟(そびょう)を建立(こんりゅう)して聖人の影像(えいぞう)を安置し、ここにあい集うて今現在説法(こんげんざいせっぽう)したもう聖人に対面して聞法求道(ぐどう)に励んだ。これが本願寺の濫觴(らんしょう)であり、ここに集うた人ぴとが、やがて聞法者の交わりを生み出していった。これがわが宗門の原形である。

したがって、この宗門は、本願寺を真宗本廟(しんしゅうほんぴょう)と敬仰する開法者の歓喜と謝念とによって伝承護持されてきたのであり、宗祖聖人の血統を継ぐ本願寺歴代は、聖人の門弟の負託(ふたく)に応えて本廟留守の重任に当られた。中興蓮如上人もまた、自ら大谷本願寺御影堂留守職(るすしき)として、専(もっぱ)ら御同朋御同行(おんどうぼうおんどうぎょう)の交わりの中において立教開宗の本義を闡明(せんめい)して、真宗再興を成し遂げられたのである。

爾来(じらい)、宗門は長い歴史を通して幾多の変遷(へんせん)を重ねるうちには、その本義が見失われる危機を経てきたが、わが宗門の至純なる伝統は、教法の象徴たる宗祖聖人の真影(しんねい)を帰依処(きえしょ)として教法を聞信し、教法に生きる同朋の力によって保持されてきたのである。

このような永遠普遍の教法と宗門固有の伝統に立ち、宗門運営の根幹として次のことを確認する。

第一に、すべて宗門に属する者は、常に自信教人信の誠を尽くし、同朋社会の顕現(けんげん)に努める。

第二に、宗祖聖人の真影を安置する真宗本廟は、宗門に属するすべての人の帰依処であるから、宗門人はひとしく宗門と一体としてこれを崇敬護持
(そうきょうごじ)する。

第三に、この宗門の運営は、何人の専横専断をも許さず、あまねく同朋の公議公論に基づいて行う。

わが宗門は、この基本精神に立脚し、かつ同朋の総意に基づくこの宗憲に則(のっと)り、立教開宗の精神と宗門存立の本義を現代に顕現し、宗門が荷負する大いなる使命を果すことを誓う。


第9章 第2節 門徒
(門徒の任務)
第82条 教法を聞信して真宗本廟に帰敬し、寺院又は教会に所属する者を本派の門徒という。
2 すべて門徒は、帰敬式を受け、宗門及び寺院、教会の護持興隆に努めなければならない。
(総代の任務)
第83条 門徒であって、衆望ある者の中から総代を定める。
2 総代は、住職又は教会主管者をたすけ、寺院、教会の興隆発展に努めなければならない。
(門徒及び総代に関する条例)
第84条 門徒及び総代に関する事項は、条例でこれを定める。


第4章 組門徒会
第16条 組に組門徒会を置き、組門徒会員で組織する。
第17条 組門徒会は、寺院及び教会に所属する門徒の代表として、教化の振興をはかるため、組が行う施策について審議し、組の運営に寄与するとともに相互の連携を深め、同信同朋の実を挙げることを目的とする。
第18条 組門徒会員は、組内の寺院又は教会に所属する成年門徒の中から、住職、教会主管者又はその代務者が、門徒総会に諮(はか)り若しくは総代と協議してこれを選定する。
2 住職、教会主管者又はその代務者は、組門徒会員の氏名、生年月日、住所及び役職を組長に報告しなければならない。
第19条 組長は、組門徒会員名簿を作成して、教務所長に提出しなければならない。
第20条 特別の事情のある教区で、第18条の規定によることができない場合は、宗務総長の許可を得て、組門徒会の組織について別に定めることができる。
第21条 組門徒会員の定数は、組内の寺院及び教会の2倍以内とする。
第22条 教務所長は、組門徒会員に組門徒会員証を交付する。
第23条 組門徒会員の任期は、3年とする。
補欠者の任期は、前任者の残任期間とする。
2 寺院・教会は、組門徒会員の任期満了1月前までに、後任の組門徒会員を選定し、組長に報告しなければならない。
第24条 組門徒会に次の役員を置く。
  1 会長
  2 副会長 2人以内
  3 常任委員 若干人
2 会長は、組門徒会を代表し、組門徒会の会議を招集し、その議長となる。
3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代理する。
4 常任委員は、会長及び副会長とともに常任委員会を組織し、組門徒会から委任された事項、組門徒会の運営に関する事項その他必要な事項について規約を定め、組長を経て教務所長の承認を得なければならない。
第25条 組門徒会は、その定数及び運営の方法その他必要な事項について規約を定め、組長を経て教務所長の承認を得なければならない。
第26条 第11条の規定は、組門徒会にこれを準用する。この場合、第24四条第2項の規定にかかわらず、組門徒会の招集は、組長がこれを行う。
2 第14条第1項の規定は、代理人に関する事項を除き、前項の組門徒会にこれを準用する。
第11条 組長は、組会に次の事項を付議する。
  1 教化及び学事の振興に関する事項
  2 組の施設に関する事項
  3 組費の徴収に関する事項
  4 組の予算及び決算に関する事項
  5 懇志の奨励に関する事項
  6 組の規約の制定及び改廃に関する事項
  7 その他必要な事項
第14条 組会は、組会員又はその代理人で全員の半数以上が出席しなければ、会議を開くことができない
2 組会員は、組会に出席することができないときは、付議事項について、文書によって賛否及び意見を述べて、出席に代えることができる。