三宝に帰依する (帰依三宝 きえさんぼう)

     その儀式を帰敬式(ききょうしき)といいます

彼岸や御正忌報恩講などの法話の時、最初に読まれるのが帰依三宝(三帰依文)です。勤行集(赤本)の最初に書かれています。

生きていく中で、仏の教えを中心に聞いていこうとするとき、仏・法・僧が宝となるということです。

三宝(仏・法・僧)

仏=人生の道理に目覚めた人

法=仏が説いている教え

僧=僧伽(さんが) 和合僧、仏の教えを一緒に聞く友達。
    (注:僧侶のことではありません)

帰依

生活の中で一番のよりどころとすること。
帰敬式
帰敬式では、髪をおろすことをかたどった「剃刀(ていとう)の儀」という儀式(実際には髪を剃りません)があります。

このため、帰敬式は「おかみそり」とも言われています。
髪をおろす、というところに自力の心をはなれるという意味があります。

自我中心の生活が迷いであることに目覚め、仏法を依り処として生きる者となるという象徴的なかたちとして、「剃刀の儀」が行われます。
勤行集 赤本
赤本

  

 三帰依文(さんきえもん)
にんじんう  がたし             う   ぶっぽう    がた
人身受け難し、いますでに受く。仏法聞き難し、いますでに聞く。
    みこんじょう         ど                        しょう
この身今生において度せずんば、さらにいずれの生においてかこの
            だいしゅう         ししん   さんぼう   きえ  たてまつ
身を度せん。大衆もろともに、至心に三宝に帰依し奉るべし。
          ぶつ
    自らに帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、
      だいどう  たいげ     むじょうい  おこ
    大道を体解して、無上意を発さん。
    
    自らに帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、
         きょうぞう         ちえ
    深く経蔵に入りて、智慧海のごとくならく。
          そう
    自らに帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、
      だいしゅう とうり      いっさい むげ
    大衆を統理して、一切無碍ならん。
    じんじんみみょう               ごう    あいあ     かた         けんもん
無上甚深微妙の法は、百千万劫にも遭遇うこと難し。我いま見聞し
じゅじ                                      ぎ   げ
受持することを得たり。願わくは如来の真実義を解したてまつらん。